イカロスの米国株でIPO投資に挑戦!

【投資ルール】米国で1年以内に新規上場した若手のグロース株のみが投資対象。現在の保有銘柄:ドキュサイン【DOCU】 ツイスト・バイオサイエンス【TWST】アップワーク【UPWK】ジュミア【JMIA】

グロース株

IPO銘柄は話題が無くて物足りないと思っていたのは間違いでした。

IPO銘柄は、基本的に情報が少ない。 ダウ平均採用銘柄などの知名度抜群銘柄と比べてみると話題に出ることはほぼ皆無です。 ドキュサインはちらほらと、アップデートしたニュースや企業イベント参加ニュースなどが出ることもありますが、アップワークとツイス…

空売り投資家に価値0と宣告された銘柄を握り続ける

一週間前まで20%超の含み益を記録していた、アフリカのアマゾンことジュミア 。 現在は30%超の含み損。 未だかつてここまでの変動幅を記録した経験は有りません。 原因は世界的にも著名な空売り投資家のシトロン・リサーチに目を付けられてしまったことです…

過熱感無く始まったUberは買い?

今年度最大規模のIPOとして注目されていたUberがついに上場しました。 IPO価格45ドルに対して初値は42ドル。最終的には41ドル台まで下落して取引を終えるという冴えない初日になってしまいました。 ダウ平均史上最高値更新間近かと思われた1ヶ月ほど前は、こ…

個別投資のメリットが見えてきた

昨日は当ブログの投資手法が邪道であると申し上げたところですが 一方で、邪道投資手法にも良いところがあります。 それは世界で起こる変化に興味が高まるんですよね。 去年の今頃は、電子署名化などのペーパーレスなどに対する話題はほぼ関心がありませんで…

株式投資の王道から外れた邪道投資ブログに未来はあるのか?

株式投資の世界では、様々な王道が有ります。 投資の神様ウォーレン・バフェット氏の信念とも言われる有名な王道としては、「自分が分からないものには投資をしない」というものがあります。 イカロスはというと……保有している4銘柄の事業内容ですが、分から…

ピンタレストとズームを見送った理由

昨日は第4弾IPO購入銘柄としてジュミアを発表させていただきましたが、今回は今まで一番選択肢が多くて悩みました。 というのも、ジュミアと同じ時期に2つの有力IPO銘柄が登場したんですよね。 ピンタレストとズーム。この2社の方がジュミアよりも有名です。…

第4弾IPO購入銘柄はジュミアに決定!

予告していた通り、第4弾IPO購入銘柄を本日発表したいと思います。 当ブログの投資ルールは、米国株式市場で1年以内に上場している新興IPO銘柄のみを投資対象とする、究極のグロース投資手法です。その対象リストとして、米国株IPO銘柄リストを月末毎に更新…

平成最後の米国株IPO購入銘柄を決めようじゃないか

米国株IPO市場の盛り上がりが止まりません。 毎月大型IPOが続々と登場しており、今週は画像検索サービスのピンタレストと、ビデオ会議サービスのズームが新規上場を果たしました。 両社ともに初日の取引は公募価格を大きく上回り大盛況でした。 そうは言って…

アフリカ大陸でEコマースを展開するジュミアが上場!

楽しみなIPO銘柄が登場しました。 アフリカ大陸でEコマースを展開するジュミアがNYSEに上場! 公開価格14.5ドル→初値18.95ドル→終値25.46ドルと、初日の取引は盛況だったようです。 最後のフロンティアとも言える、広大なアフリカ大陸を商圏とする企業。イカ…

春の訪れ。IPOシーズンの訪れ!

いよいよ長い冬も終わり、桜が開花する季節となりました。 春です。そうです。本格的なIPOシーズンの到来です。 今年は、アメリカ政府機関閉鎖問題によりIPOを審査するSECの業務にも多大な悪影響が出ていました。 しかし、ようやくそのような混乱も払拭され…

祝IPO銘柄の株価を追え!連載50回突破!毎朝IPO銘柄を追い続けて見えてきたものとは?

毎朝、米国株のIPO銘柄をチェックして特筆すべき値動きを記録した銘柄をピックアップする。 2019年1月1日から開始して、間も無く3ヶ月。米国株式市場が開く日は連続更新を進めた結果、おかげさまで節目の50回を超えることが出来ました。 連載を開始してから…

AI銘柄HEROZの成長性について、チェスを触った経験を生かして占う!

AI開発企業のHEROZ(マザーズ上場)の株価が好調に推移しています。 HEROZは、「将棋ウォーズ」という国内最大手のネット将棋対戦のプラットホームを運営しております。 最近のトレンドであるAI関連銘柄の中でも、気軽にAI技術に触れることができるサービスで…

米国配車大手のリフトがIPOを申請!

今年の米国株注目IPO銘柄として先陣を切るのは、米国配車サービス大手のリフトになりそうです。 SECに対して正式に上場申請を実施したということで、早ければ3月末にも上場が実現する可能性も有りそうです。 とは言っても、日本在住の個人投資家がこのような…

スクエアが決算発表後に株価下落。期待が先行するグロース株の暴落を避ける方法について

グロース投資は本当に難しいですね。 米国のモバイル決済サービスのプラットフォームを運営するスクエア【SQ】が2018年10月〜12月の決算を発表。 EPSは前年同時期比75%超上昇と市場予想を上回る内容でした。 しかし、次期決算のEPS見通しが弱気な内容であっ…

クラフト・ハインツの暴落から学ぶ。著名投資家のプレミアムが付いている株のリスク

アメリカ食品大手のクラフト・ハインツの株価が20%超の大暴落を記録しました。 厳しい決算内容だったことに加えて、大幅な減配を発表。さらに不明瞭な会計疑惑まで。。。 日々グロース株を見ているイカロスですが、やはり20%超の暴落はそんなに頻繁に発生…

米国株IPO銘柄ニーオとライベントへの影響は?トヨタ自動車とパナソニックがEV向け電池開発で提携。

先日、トヨタ自動車とパナソニックが2020年頃に、電気自動車向けの車載用電池を開発する新会社を共同で設立すると発表しました。 このニュースによってイカロスが日々チェックしている米国株IPO銘柄の注目株で、将来的に影響を受ける可能性が有る銘柄が…

グロース銘柄を購入するタイミングについて

あの銘柄をそろそろ迎えに行かなければいけない。 クラウドソーシング米国最大手のアップワークです。 12月初旬に第二弾購入銘柄として内定を出しておりましたが、バイオ銘柄のツイスト・バイオサイエンスを急遽優先して購入したことから、アップワークは…

グロース投資の引き際について

昨日、お伝えさせていただいた通り、イカロス保有の絶対的エースであるドキュサインが3ヶ月ぶりにプラ転しました。 現在の株価は47ドル。購入価額が45.2ドルということは、約4%の上昇。 ん?今のうちに売却すれば、資金を投入してわずか3ヶ月間で4%の利回…

掟破りのグロース投資を始めて3ヶ月。グロース投資は資産最大化に有効か?

米国株の中でも1年以内に新規上場した超新興株を買う。 いわゆるグロース投資。その中でも、有名な銘柄と比べて圧倒的に情報が少ない超新興株について、企業の将来性を信じて投資する手法を始めて3ヶ月が経過しました。 この3ヶ月は世界中の株式相場も激動…

気付いたらブログ運営危機だった。今すぐSECを解放してくれ!

アメリカ政府機関の一部閉鎖が1月12日時点で22日目となり、過去最長記録を更新しました。 なかなか落とし所が見つからない状態が続いてますね。 実は、イカロスは政府機関の一部閉鎖については、この年末年始にかけてはそこまで高い関心を持っていませんでし…

【期待】2019年のIPOも注目銘柄目白押し!王道はウーバー。そしてダークホースは……

先日、ドキュサインを大きく取り上げていただいたSBI証券の記事内では、2019年の米国株IPO予備軍が紹介されています。 掲載されている企業は、IPOを検討中とのことであり必ずしも全ての企業がIPOを実施するとは限りません。 そうは言っても、2019年もかなり…

【黒船襲来】グーグルが求人事業に参入。来年はグーグル・エフェクトの猛威が吹き荒れる

昨日は、ふと目に止まった気になるニュースがありました。 米グーグルは2019年に日本で求人関連事業に参入する。同社の検索サイト上で仕事に関連したキーワードを入れると、複数の求人サイトの情報をまとめて表示し、個人に合いそうな仕事を提案する。求人検…

【唖然】一晩で18%超暴騰。グロース株の超回復力。

米国株が超回復していますね。 ダウ平均は1086.25ドル高の22878.45ドル。ナスダックは361.44ポイント高の6554.36ポイントと、歴史的な上昇幅を記録しました。 世界一のインフルエンサーであるトランプ大統領の買い煽りが功を奏したのでしょうか。トランプ氏…

みずほ銀行のデジタル通貨は普及するのか?ブロックチェーン銘柄の可能性について

みずほ銀行が2019年3月からデジタル通貨を発行する。 送金手数料は無料となる見通しのようですが、幅広く普及するかどうかのキーポイントとなるのは、決済システムが便利なのか?これに尽きると思います。 既に交通系ICカード等は、交通機関からコンビニでの…

下落相場でグロース投資家にはメリットが有るのか?

下落相場入りしたことが明確化してきた米国株式市場。 投資家達にとって、圧倒的大多数は下落相場入りを歓迎していない。 ただ、中にはこのような急落は必ずしも悪いことではないと思っていらっしゃる投資家がいる。 そう。インカムゲイン……配当金の拡大を第…

米国株IPO銘柄が上場初値まで急落すると何が起こるのか?

q株式市場の下落に歯止めがかかりません。 ナスダック市場もついに、下落相場入りしたという表現を用いられるようになりましたね。 ツイスト・バイオサイエンスは16.30ドルまで下落。いよいよ上場初値の13ドルが見えてきました。 そしてドキュサインは37.99…

ソフトバンクの公募価格割れで、IPOを嫌いにならないで

ソフトバンクのIPOは初日の時点では厳しい結果になりましたね。 超大型IPOとして国内外から注目を集めたソフトバンク。公開価格1,500円に対して、注目の初値は1463円と公募割れ。更に失望感が広まり、終値は1,282円。蓋を開けてみれば公開価格を15%下回る結…

IPO銘柄に投資する悩み

ドキュサインについて、何やらニュースが出たのか? ツイート直訳で→ Docusign $DOCU Zacks Investment Researchが「ホールド」にアップグレードこれは期待して良いのかな#グロース株 #ダウ平均 #ナスダック https://t.co/tXsoCdxM5m — イカロス@米国株でIPO…

勘違いしていたようだ。巨大ハイテク企業が若手グロース銘柄を猛攻する、真の脅威について

私は勘違いしていたのかもしれません。 ドキュサイン スポティファイ ドロップボックス こちらの3銘柄は2018年にIPOを実施した期待のグロース株として、過去の記事でご紹介させていただきました。 そして、それぞれの共通する株価下落要因として、アップルや…

大谷選手新人王受賞から、米国に人材が集まる理由が垣間見えた。

エンゼルスの大谷翔平選手が日本選手通算4人目の新人王に選ばれました。 新人王の選出方法は、全米野球記者協会の投票で決定します。 今回の受賞から、改めて米国になぜ優秀な人材が世界中から集まってくるのか? その理由が垣間見えました。 その理由とは…