イカロスの米国株でIPO投資に挑戦!

【投資ルール】米国で1年以内に新規上場した若手のグロース株のみが投資対象。現在の保有銘柄:ドキュサイン【DOCU】 ツイスト・バイオサイエンス【TWST】アップワーク【UPWK】★2019年からはチェスも挑戦中。初心者が上達する為に試行錯誤している記録も随時投稿中。

テンセント暴落!?グロース株の購入時期は上場した直後が正解か?

f:id:ikaroskabu:20181014070227p:plain

上海株が大幅に下落しています。

 

 

アメリカと中国の貿易戦争が続く限り、今後もこのようなニュースが次から次へと報じられるのでしょうか。

 

中国のEVメーカーであるニーオにも悪影響は避けられないか。現在は6ドル程度の株価ですが、さらなる下落により底値を探る展開になれば、既に保有している投資家は冷や汗ものでしょうが、未保有者としては関心が増します。

 

それにしても、トランプ大統領はアメリカで11月に行われる中間選挙に対して、中国が介入しようとしていると言っていますが……事実の可否は不明ですけど、中国が介入したくなるのも無理は無いような気もしますね。

 

中国経済全体の先行き不透明感が重しとなって、中国のグロース株筆頭として市場を牽引してきた【テンセント】の株価も下落し、ついに300HKDを割り込みました。

 

2018年1月末の実質的な上場来高値だった476.6HKDから、約半年で35%以上も下落したことになります。

 

ネット上でも悲痛の叫び声がチラホラ……

 

 

今年最も期待外れの株式銘柄はテンセント-時価総額1080億ドル失う - Bloomberg

 

テンセント株は2004年の新規株式公開から、株価が高水準を維持していた2018年1月末頃の水準で勘案すると、約6万4000%も上昇していたとのこと。

 

つまり、上場した直後にテンセント株を保有していた投資家は、約半年で35%株価が下落したとしても、大したダメージでは無いということ。

 

このようなケースをみると、やはりグロース株の購入は上場した直後…せいぜい上場1年以内で購入可否を見極める戦略は、大いなる可能性を秘めているものかと。

 

まぁ、実際に2004年にテンセント株を購入して、太陽目指して凄まじい勢いで上昇していく中で、利確の誘惑に耐えることが出来るかどうかという別の問題が出てきそうですが……

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ギリシャ神話のイカロスを超える!?歴戦の投資家達の挑戦記はこちらからどうぞ。よろしければ1日1クリックをお願い致します。