イカロスの米国株でIPO投資に挑戦!

【投資ルール】米国で1年以内に新規上場した若手のグロース株のみが投資対象。現在の保有銘柄:ドキュサイン【DOCU】 ツイスト・バイオサイエンス【TWST】アップワーク【UPWK】★2019年からはチェスも挑戦中。初心者が上達する為に試行錯誤している記録も随時投稿中。

ドキュサインついに購入!世界同時株安懸念は後退か?

f:id:ikaroskabu:20181003105127j:plain

 

ついにドキュサインを購入しました。

f:id:ikaroskabu:20181017053507p:plain

当初は40ドルで指値を出していたのですが、相場の反転を見越して、16日の寄付き早々に購入へと踏み切りました。

 

【16日のニューヨーク株式相場は、米国企業の好決算なども重なり急反発しました。主な決算動向としては、米動画配信大手ネットフリックスの第3・四半期決算は、契約者の伸びが市場予想を上回り株価は13.5%の急騰。前日迄は米中貿易戦争や、サウジアラビアの政情不安でリスクオフの空気でしたが一転して株安懸念は後退。ダウ平均は全面高となり、前日終値比547.87ドルの値上がり。ドキュサインが所属するナスダック総合指数は214.75ポイント高の7645.49で着地。】

 

と、購入時の相場を備忘録として残しておきます。

 

しかしながら、若手小型株のボラティリティは凄まじいものがありますね。購入直後に株価は5.55%の上昇と飛び上がりました。

 

そうは言っても、しばらく乱高下が続くことでしょう。ロックアップ解禁の10月末か以降に、当面の方向性が決まるターニングポイントがやってくるのか?

 

アマゾン等と違って年末商戦で売上爆増といった季節要因性は乏しい分、イベントで一喜一憂する可能性は低いとみますが・・・・

 

それとも普及が進めば、決算期末にはドキュサインを利用した契約手続きが増加するといった季節変動要因が浮かび上がったりするのでしょうか。

 

いずれにしても、ドキュサインがもたらす革新性を信じて末永くお付き合いしたいと思います。

 

そして、第2弾の購入銘柄を探していきます!引き続き投資条件は、米国で1年以内に新規上場したIPO株です。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ギリシャ神話のイカロスを超える!?歴戦の投資家達の挑戦記はこちらからどうぞ。よろしければ1日1クリックをお願い致します。