イカロスの米国株でIPO投資に挑戦!

【投資ルール】米国で1年以内に新規上場した若手のグロース株のみが投資対象。現在の保有銘柄:ドキュサイン【DOCU】 ツイスト・バイオサイエンス【TWST】アップワーク【UPWK】★2019年からはチェスも挑戦中。初心者が上達する為に試行錯誤している記録も随時投稿中。

相場下落ムード時に買い増す銘柄はグロース株で良いのでは?

f:id:ikaroskabu:20181003105127j:plain

中間選挙後の米国株は上昇!

 

当面の不透明感が払拭された模様です。

 

グロース株達も復活の兆しがみえてきたか。

 

10月31日から楽天証券で取引可能となった、リチウム電池メーカーのライベントは一時18.47ドルと上場来高値を更新。

 

ライベント、良いですね〜。第2弾投資先の有力候補に躍り出てきた感があります。

 

中国新興EVメーカーのニーオも6.74ドルまで回復(前日比+5.31%)

 

そして、イカロス銘柄のドキュサインは

 

43.88ドル(前日比+3.13%)

 

お帰りドキュサイン。ニーオには、ちょっとだけ上昇率負けたね。

 

とは言っても一晩で3%以上も増加していることって、冷静に考えると充分です。

 

低価格のグロース株達。墜落する時は猛スピードですが、一転して回復する時も早い。

 

そこで、ふと思ったのですが

 

相場が下落しているのを好機と捉えて、買い増しを検討することは多々あることですが

 

そんな時は、低価格のグロース株を買えば良いのでは?

 

もちろん、下落している要因が購入を検討しているグロース株特有の要因で無いことが大前提だとは思いますが。

 

非常識な発想かもしれませんが、最初から非常識と決めつけて、じっくりと検証してきたブログは少ないことでしょう。

 

ということで、このブログでは引き続きグロース株の秘められた可能性を検証していきます。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
皆様の応援が励みになります。よろしければクリックをお願い致します。