イカロスの米国株でIPO投資に挑戦!

【投資ルール】米国で1年以内に新規上場した若手のグロース株のみが投資対象。現在の保有銘柄:ドキュサイン【DOCU】 ツイスト・バイオサイエンス【TWST】アップワーク【UPWK】★2019年からはチェスも挑戦中。初心者が上達する為に試行錯誤している記録も随時投稿中。

ブロックチェーン銘柄のお墨付きをいただきました。

f:id:ikaroskabu:20181003105127j:plain

 

皆さんはご存知でしたか?

 

実は、ドキュサインは今話題の・・・・

 

ブロックチェーン銘柄なんです!

 

 

JPモルガンのアナリストは、ドキュサインが運営する電子署名のプラットフォームはブロックチェーン技術を利用して今後構築されていくとの予想。

 

インターネット依頼の大発明とも称されるブロックチェーン技術。仮想通貨の根幹的な技術として一気に有名となりました。

 

一方で、仮想通貨ハッキング等の様々なお騒がせ事件のせいで、ややブロックチェーンに対する印象もナーバスになっている昨今ですが・・・・

 

ブロックチェーンは悪くありません!

 

ハッキング等で隙を付かれているのは、仮想通貨を運営する取引所のセキュリティ体制です。

 

今後はブロックチェーン技術が多様な業種で利用されていくことが予想されます。

 

なぜそのような予想ができるか?

 

ブロックチェーンは分散して管理する仕組みなので「中央集権化」を防ぐことが可能です。それにより、システムを集中して管理していた為に、その集中箇所に不具合が生じたせいで全てのシステムがダウンするといった、今までのシステム不具合は無くなります。

 

また、ブロックチェーンは暗号化されて分散して保存することが可能です。それによりデータの改ざんをすることが極めて困難です。

 

このように様々な業種で応用が効きそうなメリットがありますが、ドキュサインの電子署名と極めて相性が良さそうですね。

 

さて、これはあまり想像したくない展開ではありますが・・・

万が一、万が一。。。

 

ドキュサインの電子署名が普及しなかったとしても・・・・・

 

最新かつ様々な業種で活用が見込まれるブロックチェーン技術を、いち早く実用化してノウハウを蓄積したドキュサイン社。

電子署名が普及しなかったとしても、ブロックチェーン技術の伝道師・・・といった立ち位置として、立派に市場価値を膨らましていくことが可能になるのではないでしょうか。

 

まぁ、電子署名が普及してドキュサインの株価も膨らんでいくことが1番期待したいところですが・・・。

 

さあ、週明けですね。今週の株式市場はどのような展開が待ち受けるのでしょうか。今週くらいで一度含み損解消するとホッと暖まるのですが・・・どうかな~?

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
皆様の応援が励みになります。よろしければクリックをお願い致します。