イカロスの米国株でIPO投資に挑戦!

【投資ルール】米国で1年以内に新規上場した若手のグロース株のみが投資対象。現在の保有銘柄:ドキュサイン【DOCU】 ツイスト・バイオサイエンス【TWST】アップワーク【UPWK】★2019年からはチェスも挑戦中。初心者が上達する為に試行錯誤している記録も随時投稿中。

UPWKが3日連続続伸。クラウドソーシングとロボット社会の共存について

f:id:ikaroskabu:20181113055608p:plain

 

米国株は依然として軟調ですね。 


ダウ平均・ナスダックともに下落したということは、

 

ドキュサイン 39.86 (-2.73 -6.41%)

 

もう帰ってこないで良いと懇願した30ドル台。再びお戻りになりました。

 

さて、そのような厳しい状況下で

 

アップワーク 18.55(+0.44 +2.43%)

 

上場初値の23ドルまで年内に戻ってくるかどうかというところでしょうか?

 

クラウドソーシング業界は季節変動性はあるのでしょうかね。感覚では、年末年始にかけてあらゆる業種の繁忙感が増して、労働需要が増加しそうな気もしますが。

 

何はともあれ、やはり気になりますね。第二弾IPO購入銘柄の最有力候補として、日々注目が高まっています。

 

グロース株投資の真髄は未来を予測することですが・・・

 

一昔前までは、このような労働者と雇用主を結びつけるサービスが展開されるなど想像もつきませんでした。

 

やはり未来を予想するのは本当に難しい。

 

そこで、今回はUPWK社のリスクシナリオを想像してみましょう。。。。

 

---------------------------------------------------------------------

 

チュンチュン朝チュンチュン

 

天の声「イカロス、起きなさい。もう朝ですよ」

 

イカロス「はっ!?天の声!今回は一体?」

 

天の声「ここは2050年。」

 

イカロス「今まで飛んできた中でかなり未来寄りだな。そうだ!UPWK社の株価は?」

 

天の声「そのような会社はもう存在しません。」

 

イカロス「えっ?と言うことは、私が投資した後に競合他社が続々と参入してきたわけですか・・・。」

 

天の声「違います。クラウドソーシングというサービスは現在も存在しています。しかし、サービスの対象はヒトでは無くなったのです。」

 

イカロス「は?」

 

天の声「ロボットです。個人が所有する労働用ロボットを、働き手を求める企業へマッチングさせる。現在のクラウドソーシングはそのように代わりました。」

 

イカロス「・・・・・。」

 

------------------------------------------------------------------------------

 

またもや突飛な未来予想ですが、何が起こるかわかりませんからね・・・。

もし、このようにサービスの対象がヒトでは無くてロボットに移り変わったとしても、それをUPWK社が担ってくれていれば問題は無いのですが・・・・

 

【参考記事】ロボットが活躍する課題についての未来予想はこちら

ロボット税の導入は日本から始まる?!

 

 ランキングに参加中!よろしければ下記ボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ