イカロスの米国株でIPO投資に挑戦!

【投資ルール】米国で1年以内に新規上場した若手のグロース株のみが投資対象。現在の保有銘柄:ドキュサイン【DOCU】 ツイスト・バイオサイエンス【TWST】アップワーク【UPWK】★2019年からはチェスも挑戦中。初心者が上達する為に試行錯誤している記録も随時投稿中。

勘違いしていたようだ。巨大ハイテク企業が若手グロース銘柄を猛攻する、真の脅威について

f:id:ikaroskabu:20181003110413j:plain

私は勘違いしていたのかもしれません。

 

ドキュサイン

スポティファイ

ドロップボックス

 

こちらの3銘柄は2018年にIPOを実施した期待のグロース株として、過去の記事でご紹介させていただきました。

 

そして、それぞれの共通する株価下落要因として、アップルやアマゾン等の巨大ハイテク銘柄が、若手グロース銘柄の市場を侵食してくる危険性を挙げていました。

 

ところが‥‥

 

巨大ハイテク銘柄の存在による、真の脅威とは‥‥市場への侵食リスクではありませんでした‥‥‥

 

そうです。巨大ハイテク銘柄が不調に陥ると、低価格株価のグロース銘柄は猛烈に巻き込まれることが、真の株価下落要因でした‥‥。

 

ということで、私が注目しているIPO銘柄はボコボコに売り込まれております。

 

このままだと11月末時点のIPO銘柄リストは、上場来安値を更新するグロース銘柄が続出するかもしれませんね。

 

それでも、私は引き続き若手グロース銘柄を中心に株式投資をしたい。

 

彼らは、まだ上場したばかり。まだ始まっていないのだから。

 

[余談]ドキュサインポジショントーク

昨晩のナスダックは下落する中で、ドキュサインも35ドル陥落間際まで売り込まれました。しかし後半から怒涛の反撃。終値は38.33ドルと前日比プラスで着地しました。35ドルが重要な防衛ラインになっている‥‥?

 

[関連記事]巨大IT企業の脅威を指摘していた過去記事です。

ぺーパレス社会の実現を目指すドキュサイン[DOCU]

 

音楽の楽しみ方を変えるスポティファイ[SPOT]

 

群雄割拠のクラウドサービス企業。ドロップボックスは熾烈な争いから抜け出せるか?[DBX]

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
皆様の応援が励みになります。よろしければクリックをお願い致します。