イカロスの米国株でIPO投資に挑戦!

【投資ルール】米国で1年以内に新規上場した若手のグロース株のみが投資対象。現在の保有銘柄:ドキュサイン【DOCU】 ツイスト・バイオサイエンス【TWST】アップワーク【UPWK】★2019年からはチェスも挑戦中。初心者が上達する為に試行錯誤している記録も随時投稿中。

GMがレイオフを発表。人削削減が市場から評価されないジレンマ

f:id:ikaroskabu:20181003103045j:plain

相変わらず暴君ですね。

 

トランプ米大統領は27日、米ゼネラル・モーターズ(GM)への電気自動車(EV)補助金の全額廃止を検討する可能性があることを明らかにした。前日にGMが米国内外の工場を閉鎖して米国人社員数千人をレイオフ(一時解雇)すると発表したことを受けて、あらためてツイッターへの投稿で憤りを示した。これを受けてGMの株価は下落。ニューヨーク時間27日午後3時35分(日本時間28日午前5時35分)現在、3.5%安の36.33ドルで推移している。出典:Bloomberg

 

GMだって当然レイオフなどはしたくないはず。社員の士気は下がるし、購入者からのイメージも悪くなる。

 

それでも、泣く泣く身を切る思いで打ち出した施策。世界中の株主から引き続き魅力有る投資先だと信じてもらいたいという思惑も有っただろうに‥‥暴君の逆鱗に触れて株価下落。

 

このようなものを見せつけられたら、米国で活動する企業は、ますます慎重にならざるを得ない‥‥。

 

あからさまな、人員削減は暴君の怒りに触れて逆効果。それでは収益性を高める為にはどうすれば良いのか‥‥。

 

りそな銀行が一つの答えを示しています。

 

りそなホールディングスの東和浩社長が朝日新聞の取材に応じ、傘下銀行の店舗で導入している「印鑑なし」の手続きやインターネットバンキングなど合理化の仕組みを、地方金融機関に「外販」していく方針を明らかにした。超低金利でコスト削減を迫られている地銀に、開発費を抑えたい需要があると見込む。印鑑ではなく指の静脈認証で本人確認し、書類による手続きのかわりにタブレット端末へ入力するシステムを提供する。スマートフォンのアプリによるインターネットバンキングは、残高照会や振り込みなど銀行手続きの大半ができる。東社長は「合理化は共通の悩み。手伝えるところはある」と述べた。すでに地銀25行と交渉中だという。 出典:朝日新聞

 

りそな銀行は、一時期経営不振による公的資金注入を受けるなどの危機的状況に陥りました。しかし、どん底の状態から、従来の銀行から変わるという、他行には無い強烈な改革意識を持って、業務の合理化を進めました。

 

現在では、ペーパーレス化を中心とする事務フローを確立して、他行に外販するという新たなビジネスチャンスを生み出そうとしています。

 

単純な人員削減で非難を受けてしまうならば、創意工夫して人員削減と同等の効果を生み出す方がgood!

 

ということで、毎度毎度のポジショントークになりますが、ドキュサイン等の合理化に貢献する企業は、充分に存在価値が有るということですね。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
皆様の応援が励みになります。よろしければクリックをお願い致します。