イカロスの米国株でIPO投資に挑戦!

【投資ルール】米国で1年以内に新規上場した若手のグロース株のみが投資対象。現在の保有銘柄:ドキュサイン【DOCU】 ツイスト・バイオサイエンス【TWST】アップワーク【UPWK】★2019年からはチェスも挑戦中。初心者が上達する為に試行錯誤している記録も随時投稿中。

【朗報】SBI証券、ドキュサインを2018年注目IPOのトップに紹介!

f:id:ikaroskabu:20181003105127j:plain

ドキュサイン40ドル復帰!

 

そして、気付かれた方もいらっしゃるかもしれませんが

 

SBI証券は口座所有の有無に関わらず誰でも見れる特集記事を定期的に掲載しています。その中で、2018年と2019年の注目IPOを紹介しているのですが………

 

2018年の注目IPOで、一番最初にドキュサインを紹介しています!!

 

 電子署名市場のトップ企業

・2003年に創業した米国の電子署名ソリューション企業です。電子署名とは、電子ファイルに付与する電子的な徴証で、紙文書における印章やサインに相当する役割を果たします。同社は電子署名サービスの世界トップ企業で、35万社を顧客とし、世界トップのテクノロジー企業の10社に7社、製薬企業の20社に18社、金融サービス企業の15社に10社を含むとしています。 出典:マーケット|SBI証券

 

SBI証券……やってくれるじゃないか。

 

全国のドキュサインホルダーの皆さん、米国株トレーダー御用達のSBI証券からお墨付きをいただきましたよ!

 

記事内には、ドキュサイン上場後のチャートもわかりやすく掲載されています。改めて見るとまだ1年も経っていないのに波乱万丈なチャートだ。

 

記事を見ると、製薬企業と金融サービス業で利用率が高いみたいですね(知らなかった)。セキュリティに対する意識が特に高い業種ですし、一度導入するとなかなか新しい電子署名サービスに移り変わる可能性は低い業種では無いかと思いますが。

 

そして、最大のライバルとしては……やはりアドビを挙げていますね。2019年はいよいよ本格的なシェア争いが繰り広げられることでしょう。

 

ありがとう、SBI証券。これでドキュサインの認知度が更に上がりますように。

 

【関連記事】日頃はニュースが少ないIPO銘柄。ニュースが出るとウキウキに。

IPO株を握るささやかな楽しみ。

 

【関連記事】画期的なサービスを生み出してアドビに勝つ!

内容を全て把握出来ない利用規約。ここにドキュサイン逆転の好機がある?!

 

 

ランキングに参加中。SBI証券の粋な計らいに心踊るグロース投資家イカロスです。よろしければ応援のクリックをお願いします。

 ↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ